事業案内

eggplant

Jailbreak(脱獄)を必要としないテスト自動化のソリューション

急成長を続けるスマートフォン等のモバイルのアプリケーションですが、それぞれのプラットフォームやデバイスでのリリースが必要とされ、それらの品質保証も複雑となっており、時間やコスト、リソースを費やし、マニュアルでの検証や、あまり効率的で無い、旧来のテストツールでの検証が、主流となっています。

TestPlantのEggplant Functionalは、Android、iOSのスマートフォン、タブレット等の全てのモバイルOSとデバイスに適用でき、Jailbreakを必要としないテスト自動化のソリューションです。

PC上で操作を記録スクリプト、テスト実行

数多くのプラットフォームに対応

Eggplant Functionalのベースとなっているテクノロジーは、VNC(Virtual Network Computing)というリモートデスクトップの一種であり、数多くのプラットフォームに対応しているので、MobileのOS、Android、iOS、Windows Mobile、PCのOSのWindows、Mac OS、Linuxで一貫したテスト自動化システムを構築してゆくことが可能です。

Eggplant Functionalは、ネイティブアプリケーション、Webアプリケーションを問わず、ユーザーの操作、振る舞いをPC上にエミュレートし、モバイルディスプレイとの対話を、PC上で記録し、その優れたイメージ認識テクノロジーによって、テスト自動化のスクリプトとして生成してゆきます。

このような操作をエミュレートするには、それぞれiOSやAndroidのデバイスに小さなアプリケーションをインストールしなければなりませんが、これらはユーザーの為に簡単にApple、Googleのサイトからダウンロードすることが出来、今までに課題となっていた、Jailbreak(脱獄)や、ルート化、特殊なSDKをインストールする必要は全くなく、本来の検証すべきデバイスの環境そのままでテスト自動化を行うことが可能です。

数多くのプラットフォームに対応

ソフトウェア・バリデーションの原則

生成されたスクリプトは、Sense Talkといわれるスクリプト言語で、非常に簡単な、直観的な言語で、開発経験のないテストエンジニアでも十分に使ってゆくことが可能で、複雑な条件などもフロー制御で、自動化シナリオを開発してゆくことが可能です。新たに、マニュアルのテストエンジニアをテスト自動化のエンジニアにシフトすることは、今までは、大変だったかも知れません。Eggplant Functionalは、それをスムーズに行うことが可能な、テストツールと言えます。

Eggplant Functionalのベースとなる、特許を取得したイメージ認識テクノロジーは、モバイルアプリケーションのアイコン、画像、ボタン等の特定の色調まで敏感に認識し、最終的なテストのパス/フェイルも自動的に行うことができます。また、OCRを使った、イメージから文字コードへの変換も簡単な操作で行うことが出来、これは、英語、日本語、中国語他150ケ国の言語に対応しており、モバイルアプリケーションのローカライゼーションや、多言語への翻訳にも適用することが可能です。

Case stadyはこちらから、Video libraryはこちらから(共にTestPlant社HP)

 

ページトップへ