Cloudshell

cloudshell

  • IaaS & PaaS オーケストレーション
  • DevOps自動化
  • クラウド管理
  • スタックされたインフラのプロビジョニング
  • SDNオーケストレーション&ネットワークDevOps
  • テスト自動化
  • CI(Continuous Integration)自動化

“Self Service”Portal

  • Web UIから、検証環境を自由に触れる

インフラ検証環境のリソース統合的な管理

  • 検証用リソースの管理、追加、変更、使用率分析
  • 仮想デバイスを直接作成、リソースとして追加
  • 作成トポロジーの予約&スケジューリング

テスト自動化シナリオ作成&実行

  • オブジェクト・ベースによるシナリオ作成
  • フローチャート⽅式によるドラッグ&ドロップ
  • 測定機等との柔軟な連携  (IXIA  etc...)

  • 検証ラボをより戦略的に活⽤
  • 検証ラボCAPEXのリターンを短縮
  • Web UIにより、リモートからのアクセス “Self Service Portal”
  • PoCラボ、コンピテンスセンター、公的研究機関

  • サービスデリバリーまでの期間の短縮
  • インフラ技術者の⽣産性向上
  • S/Wで柔軟に変更可能となったインフラの品質を担保

CloudShell導入事例はこちら

cloudshellの概要

新旧世代や異機種混在のネットワーク、ITインフラ環境におけるセルフサービス型の自動化プラットフォーム

CloudShellは、新旧世代や異機種が混在しているネットワークやITインフラ環境におけるセルフサービス型の自動化プラットフォームです。開発者、テスター、セキュリティエンジニア等のアプリケーション・デリバリーの責任者に対して、スピーディーで、末端から末端までのインフラを提供するネットワーク・インフラチームを支援します。

CloudShellは、ITインフラ・ネットワークチームに対してアジャイルなDevOpsを実現するとともに以下をサポートします。

  • レガシーなシステムやスタック
  • 旧来のデータセンターとネットワーク環境
  • 業界に特化したITのコンポーネント
  • SDN(Software-Defined Networking)とNFV(Network Function Virtualization)
  • プライベートやパブリックのクラウド

cloudshellセルフサービス

どんなインフラでもアジャイルに

リソース管理、プロビジョニング、プロセスタスクのためのグラフィカルなオブジェクト・ライブラリ

  • スケーラブルで分散型の自動化実行エンジン
  • ビジュアルなデザインのフローチャート方式による オーサリングツール

ITインフラをセルフサービス型で展開

【課題】
今日、ITインフラのセルフサービスにおいては、迅速な対応や的確なリソース管理が出来ていません。その結果、データセンターやクラウドでは、膨大なコストを費やし、ユーザーは生産性向上を強いられ、それが市場投入への時間やビジネスチャンスに悪影響を与えています。
【ソリューション】
CloudShellは、異機種混在環境のインフラのオーケストレーション、ユーザー独自環境の予約システム、プロビジョニング自動化とリクエスト自動応答によりラボの使用率を向上させ、まさにクラウドのような柔軟さを提供します。
異機種混在のインフラ
レガシー・旧来型・仮想型・クラウド

データセンターとクラウドのプロビジョニング

【課題】
複雑なデータセンター、クラウド、インフラが集中するス タックでは、ベアメタルのプロビジョニングやその管理に時間が費やされ、あらゆることに精通したエキスパートが必要とされています。その結果、効率は低下し、障害によるコスト流失も当たり前のようになっています。
【ソリューション】
CloudShellは、大変分かり易いワークフロー方式でのプロビジョニング機能で、複雑なインフラリソースのオーケストレーションとプロビジョニングをシンプルにすることが出来ます。経験の少ない技術者でも、プロビジョニングの手順を簡単に、短時間で行うことが出来、設備投資に対する効率を加速させます。

CloudShell導入事例はこちら

Webセルフサービスカタログ

  • 全ての環境の予約&スケジューリング
  • プロビジョニングとリクエスト応答の自動化ワークフロー
  • ドラッグ&ドロップ、セルフサービス型のサンドボックス・デザイン
  • インフラ環境のコラボレーション
  • ワンクリックのプロビジョニング自動化

CI(Continuous Integration)の実現

【課題】
CI(Continuous Integration) サーバーは実際にITインフラ の上で存在はしていますが、インフラが複雑になるとCI自動化の妨げになります。その結果、エンジニアリングのチームは生産性と迅速性を損なうことになります。
【ソリューション】
CloudShellによる異機種混在のインフラ環境の自動化により、スケーラブルなCIを、旧来のレガシーなインフラやプライベート、パプリックのクラウドインフラへ対応させることが可能です。

SDN/NFVによるネットワークDevOp

【課題】
SDNやNFVは、 ネットワークのサービスモデルを「シンプルなパイプ」から、数限り無い仮想化のサービスチェインに対応する複雑なアプリケーションのスタックに変えていきます。 ネットワークのチームは、ベアメタルからアプリケーションまでをアジャイルなサービスとして提供するために、ネットワークDevOpsを進めていかなくてはならない状況に置かれています。
【ソリューション】
CloudShellは、SDNやNFVからレガシーネットワークまでを含んだネットワークトポロジーを、セルフサービス型のプロビジョニングとオーケストレーションで管理するプラットフォームであり、ネットワークDevOpsプロセスを実現します。

末端から末端までの自動化ソリューション

アジャイルなインフラのオーケストレーション

  • CloudShellによるリソース管理
  • 異機種混在環境のデザイン + ワークフロー方式のオーサリング
  • レポーティングとビジネス・インテリジェンス
  • セルフサービス型ポータル

オブジェクト・ライブラリをベースとしたアーキテクチャ

  • ベストプラクティスのサポートと実施
  • プログラミングのスキルを最適化
  • メンテナンスの容易さ、スケーラブルな自動化で、素早い投資回収

どんなスタックでもインテグレーション可能

  • 主要なAPIライブラリ + オープンなドライバの作成
  • ベンダーに特化せず、レガシーを含む幅広い製品とインテグレーションが可能
  • インターフェイスに関する懸念が不要

GUIによるユーザフレンドリーな自動化デザイン

  • 経験の有無を問わない使いやすいデザイン
  • ノウハウ共有、標準化、再利用の推進
  • チーム全体の生産性を向上

CloudShell導入事例はこちら

ページトップへ